龍スポ

『龍スポ』は中日ファンのコミュニティサイトであり、ドラゴンズNEWSサイト

    2019年10月


    『高橋周平』についてTwitterの反応


    高橋 周平(たかはし しゅうへい、1994年1月18日 - )は、神奈川県藤沢市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。2019年シーズンから中日のチームキャプテン(主将)を務める。 善行小1年時から野球を始め、投手としてプレー。善行中時代から湘南クラブボーイズで野手としてプレ
    22キロバイト (2,498 語) - 2019年10月31日 (木) 06:34



    (出典 i.ytimg.com)



    【『高橋周平』についてTwitterの反応】の続きを読む


    裕也(やなぎ ゆうや、1994年4月22日 - )は、宮崎県都城市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 宮崎県都城市出身。小学3年から都城市の志比田スポーツ少年団で野球を始め、小学6年の時に軟式の全国大会で優勝した。なおこの時期に父親を交通事故で亡くしており、当時12歳の柳
    18キロバイト (2,217 語) - 2019年10月5日 (土) 14:07



    (出典 baseballplayer18.com)


    中日・柳裕也投手(25)が用具メーカー「ミズノ」とミズノブランドアンバサダー契約を結ぶことが30日、分かった。

     ミズノブランドアンバサダーを務めると、グラブやバットなどの野球用具に本人のモデルが作製される。さらにCM出演やカタログの掲載などいわば「ミズノ社の顔」としての役割を担うことになる。

     中日では昨年荒木2軍内野守備コーチと浅尾2軍投手コーチが引退して以来、不在だったが成長著しい背番号17に白羽の矢が立った。

     今季の柳は1年間先発ローテを守り、初めて規定投球回に到達。リーグ3位タイの11勝(7敗)をマークした。チームの連敗を6度止めるなど主戦級の活躍を見せた。

     さらに中学時代からミズノ一筋であることも決め手になったようだ。「ずっと使わせていただいてます。本当によくしてもらっていますし僕自身ミズノさんにはすごく愛着があります」

     沖縄キャンプに参加中の右腕は初日からブルペン入りし83球を投球。「後半戦で明らかに直球の質が落ちた。シーズンを通して強い直球が投げられるようにするための土台をつくりたい」

     “一流の勲章”を手に入れ、4年目のシーズンへと向かう。

    【柳がミズノとアンバサダー契約 「すごく愛着があります」】の続きを読む



    (出典 www.chunichi.co.jp)


     中日・仁村徹2軍監督(57)が30日、ナゴヤ球場で就任会見を開いた。星野仙一さんの教えを継承するとともに、強竜復活へ並々ならぬ決意を口にした。また中日は、今季スコアラーを務めた渡辺博幸さん(49)は内野守備走塁コーチ、今季限りで現役を引退した武山真吾さん(35)はバッテリーコーチとして契約を結んだことも発表した。

     15年ぶりにドラゴンズブルーのユニホームに袖を通し、高鳴る鼓動は抑えられない。2004年以来の古巣復帰。仁村2軍監督が何より胸に抱くのは、強竜復活だ。

    【仁村2軍監督、強竜復活 就任会見、星野イズム受け継ぐ 目標は1軍が常時Aクラス】の続きを読む


    大島 洋平(おおしま ようへい、1985年11月9日 - )は、愛知県名古屋市緑区出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。 2014年シーズンに、福留孝介が保持する球団シーズン最多安打のタイ記録に並んだ(186安打)。 小学4年から「名古屋平針HBC少年野球クラブ」で軟式野球を
    29キロバイト (3,783 語) - 2019年10月31日 (木) 06:12



    (出典 upload.wikimedia.org)


    現在、単独でトレーニングを積んでいる大島は、球団を通じて「毎年目標としている賞なので、選んでいたたけてうれしいです。また来年からも、この賞に恥じないプレーを続けていきたいです」と喜びのコメントした。

    【【大島】2年連続7度目のゴールデングラブ賞 「毎年目標としている賞。うれしい」】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    時計は午後6時を回り辺りは真っ暗。だが北谷球場の屋内練習場から打球音が響く。先輩野手が練習を終える中、根尾は最後までスイングを続けた。「足腰にきているというか感覚がないようなそんな感じです…」。キャンプ初日。さすがに疲労困憊(こんぱい)になりながらも乗り切った。

     フェニックス・リーグで全試合フル出場して乗り込んだ沖縄。午前中からハードなメニューをこなした。個別の守備練習では、サブグラウンドで荒木2軍内野守備走塁コーチからノックの雨…。約1時間、白球を追い掛けるとその場でぐったり。だが首脳陣から免除も提案された屋内練習場での打ち込みには「行きます」と即答し、無事フルメニューを消化した。

     春は右ふくらはぎの肉離れで満足に動けず、実質初めてのキャンプとなる。「技術向上・体力強化」と自らテーマを定めたが、その先も見据えている。「今年1軍の舞台を経験して、よりあの舞台で活躍するためにどうするか。1年間、上の世界で活躍できるスキルとフィジカルをつくりあげていく時間にしたい」。

     負けず嫌いな根尾らしさも見えた。個別の守備練習。他の練習との兼ね合いで最初は二塁でノックを受けていたが、場所が空くとすぐに遊撃へ。与田監督が「可能性を広げるために」と他のポジションを守れるよう掲げていることを受け入れた上で「ノックを受けるところは、ショートが多くなる。誰よりも練習してうまくなりたい」とコメント。根尾の頭に、諦めるという思考はない。

    【根尾、ノックの嵐&振りまくる 荒木塾、秋の特訓1時間】の続きを読む

    このページのトップヘ