龍スポ

『龍スポ』は中日ドラゴンズのまとめブログ

    カテゴリ: 中日OB



    (出典 www.nikkansports.com)


     中日育成のサンディ・ブリトー投手(23)がお宝グッズを引っ提げてグラウンドに現れた。ナゴヤ球場で秋季練習が行われた19日、ブリトーが着用していたのは退団した松坂のシューズ。関係者から前日に手渡されたという。「松坂投手はすごく好きだったし、彼の持っていたものはきれいでかっこいいものばかりだった。とてもうれしいし、履き心地もばっちりさ」と笑顔を見せた。

    【「きれいでカッコいいものばかり」中日の育成ドミニカンが退団の松坂シューズを入手! 】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ◆ 中日・指名選手

    1位:石川昂弥(いしかわ・たかや)
    内野手/18歳 右投右打 東邦高
    [球団コメント]
    力感なくスイングができ、インパクトでの力の伝え方が上手い。特に右方向にも打てる技術があり、守備、スローイングは抜群に安定している。

    2位:橋本侑樹(はしもと・ゆうき)
    投手/21歳 左投左打 大阪商業大
    [球団コメント]
    MAX152キロ左腕、出所が見にくいフォームからクロスボールを投げ、スライダー、チェンジアップと投げ分ける本格派左腕。

    3位:岡野祐一郎(おかの・ゆういちろう)
    投手/25歳 右投右打 東芝
    [球団コメント]
    各大会で安定した成績を残す本格派右腕。調子の波がなく、一年間ローテーションを守れる投手。

    4位:郡司裕也(ぐんじ・ゆうや)
    捕手/21歳 右投右打 慶応義塾大
    [球団コメント]
    全体をしっかり観察でき、リードもうまくポテンシャル高い、打撃も魅力で打てる捕手。リーダーシップもとれる。

    5位:岡林勇希(おかばやし・ゆうき)
    投手/17歳 右投左打 菰野高
    [球団コメント]
    MAX153キロのストレートとスライダーの切れ味が抜群。身体能力抜群で打者としても評価、天性の柔らかさあり。

    6位:竹内龍臣(たけうち・りゅうしん)
    投手/17歳 右投左打 札幌創成高
    [球団コメント]
    投げっぷりの良さと、ストレート、変化球ともにバランスのとれた投球が持ち味。


    育成1位:松田亘哲(まつだ・ひろあき)
    投手/22歳 左投左打 名古屋大
    [球団コメント]
    自分で考え、順調に成長してきた頭脳派左腕。


    ◆ 「勢いは感じる」一方で…?

     中日は事前に公表していた東邦・石川を1位で指名も、ここにオリックスとソフトバンクが競合。報道ではここまで人気になることは予想されてなかったが、くじ引きの結果、公言の愛が実る形で中日が交渉権を獲得した。

     「昨年の根尾選手に続いて、ですからね。与田監督のくじ運はすごい。2年続けて地元圏のスター候補を獲得して勢いも感じます」と西尾さん。一方で、2位と3位については少し気になるところも。

     「左腕の橋本投手はリリーフなのかなと。先発は若手がどんどん出てきていて、柳投手が1本立ちしつつありますし、今年は大野投手も戻ってきました。ただ、順位はひとつ早かったかな、とは思いました。2位指名の段階では、野手で魅力的な候補もまだ残っていたので」。

     また、3位の岡野についても「間違いなく良い投手なのですが、リリーフでというイメージは沸かない。となると、先発投手が豊富な今3位で、というのは少し気になりました」と、チーム事情と残っていた野手の兼ね合いを踏まえたうえで少し気になるポイントも挙げてもらった。


    ◆ 外野をどうする?

     野手では捕手と外野手というところが補強ポイントに挙げられていたが、4位で慶応大の捕手・郡司を獲得することに成功した。

     「よく残っていたな、と思いましたね。昨年は高卒で石橋選手を指名して、思いのほか1年目から順調に一軍デビューまで果たしましたけど、今年も大卒で良い捕手を獲得できたのは大きいと思います」。


     一方で、外野手の指名はなし。「内野は高橋周平選手が柱になりつつありますし、京田選手との三遊間コンビはこれから油が乗ってくるところだと思いますが、外野は平田選手と大島選手が元気なうちに次代の候補を作っておきたいところだと思います」と課題を挙げつつ、「その点では、昨年獲得した根尾選手、そして今年の石川選手と、もしかすると外野へのコンバートというのも可能性としてあるかもしれませんね」という見方も示している。

     また、「個人的には、岡林選手は野手として非常に魅力を感じています」と投手として指名した5位の選手に注目。「とにかく運動能力が高く、50メートルのタイムが5.8秒に遠投も120メートルという記録も出ています。打撃も福留選手を彷彿とさせるようなやわらかい良い打撃を持っているので、1年目から野手として育てたらどんな選手になるだろう、という思いが個人的にはあります」とその資質を高く評価。

     「やはり150キロのボールが投げられるということもありますし、当然投手として大成する可能性も秘めた選手ではあります。本人も投手がやりたいということなんですが、今の中日の選手分布を見ると、余計に外野で育ててほしいなと思ってしまいますね」と語った。

    【ドラフト診断~中日編~ 「与田監督の剛腕ぶり光った一方で…」】の続きを読む


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、WBC優勝を経験し
    124キロバイト (16,347 語) - 2019年10月17日 (木) 20:31



    (出典 www.jiji.com)


    「もう行き先が決まってるんですよ。退団前に他球団と交渉することは厳禁なので、当事者は絶対に認めないし、我々マスコミも書けないんですけどね」

     気になる“行き先”は、彼の古巣である西武だ。

    「今季合計6イニングしか登板していない松坂を戦力として考える球団なんてありません。西武も然り。ただ、西武であれば“商品価値”が生まれます」

     つまり、“引退興行”が打てるというのだ。

     たしかに、松坂が中日で選手生命を全うすれば中日はそれで一儲けできる。それ目当てで松坂を獲得したふしすらある。だが、中日より西武のユニホームで引退セレモニーをした方がはるかに経済効果は高まるだろう。イメージアップという面でも、西武にとっても、松坂自身にとってもウィンウィンだ。

    【実はトホホな三方一両得 松坂大輔の不可解「中日退団」「西武移籍」】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    【神の右手!!与田監督今年もさく裂 一本釣りの思惑外れるも「快感」】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


     ドラフト会議のパブリックビューイングが名駅のミッドランドスクエアシネマであり、中日のファン100人が石川の交渉権獲得を喜んだ。与田監督がくじを引く場面では「頼む」「行け」と掛け声が飛び、手を合わせて祈るように見つめる人も。与田監督が右手を上げる姿が画面に映し出された瞬間、会場は「与田さん最高」と大歓声で総立ちとなった。

    【「与田さん最高」映画館でパブリックビューイング】の続きを読む

    このページのトップヘ