龍スポ

『龍スポ』は中日ファンのコミュニティサイトであり、ドラゴンズNEWSサイト

    2019年ドラフト情報



    (出典 sakura394.jp)


    中日から育成ドラフト1位で指名された名大の松田亘哲投手(22)が11日、名古屋市千種区の中華料理店「ピカイチ」で入団交渉を行い、支度金200万円、年俸300万円で仮契約した。竜党が集う名店でプロへの一歩を刻んだ左腕は、レジェンド・山本昌さんのような息の長い投手を目指すと語った。 (金額は推定)

     地元のファンに愛される選手に-。球団の思いが込められた門出の場所で松田は、明確な理想像を口にした。

     「けがをしない選手です。数字のことは分かりませんが、故障は自分で防ぐことができる。長い年数プレーできる選手を目指していきます。けがをしない選手でイメージするのは山本昌さん。体の強さや高い意識があって32年も現役を続けられた。そこは参考にしたいと思います」

     50歳までマウンドに立ち続けた竜のレジェンドを目標に掲げた。

     仮契約の場として選ばれた「ピカイチ」。これまでは足を運んだことがなく、店内の至る所に飾られた名選手の色紙に「びっくりしました」と目を丸くした。報道カメラ8台、報道陣30人以上が取材に訪れるという異例の注目に、「僕なんかがすみません」と頭をかき交渉の場に臨んだ。

     名大から初のプロ野球選手。旧帝大に幅を広げても、母校・東大の野球部監督に今月就任した元中日・井手峻さんを含め8人しかいない。最多の白星は、東大から大洋(現DeNA)に入団し、旧帝大出身で初めてプロの門をこじあけた新治伸治の9勝。松田も「旧帝大出身選手の中でゆくゆくは一番になりたいという思いは持っています」とちょっぴり色気を見せた。それでも地に足は着いたままだ。

     「まだ育成の立場。プロのレベルを体験してないですし、どれくらい差があるのか分からない。僕は目標をただ言うだけというのは好きじゃない。自分がどうステップアップしていくか分かってから目標が立てられる。まずは一つずつ一つずつこなしていくことから始めます」

     仮契約で改めて意識を強くしたプロの世界。まずは自分の実力を測るところから始まると自覚している。

    【中日育成1位名古屋大松田、支度金200万、年俸300万円(金額は推定)で仮契約】の続きを読む


    表 話 編 歴 中日ドラゴンズ - 2019年ドラフト指名選手 支配下選手 1位:石川昂弥 2位:橋本侑樹 3位:岡野祐一郎 4位:郡司裕也 5位:岡林勇希 6位:竹内龍臣 育成選手 1位:松田亘哲
    6キロバイト (653 語) - 2019年11月5日 (火) 16:35



    (出典 hicbc.com)


    中日からドラフト5位で指名された岡林勇希投手(17)=菰野高=が10日、三重県四日市市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3000万円、推定年俸550万円で仮契約を結んだ。交渉後、岡林は「まずは体作りをしっかりして、球団に日必要な選手になりたい」と意気込んだ。

     

     最速153キロの豪腕だが、高校通算21本塁打の打力も兼ね備える。あくまで自主トレやキャンプで与田監督や仁村2軍監督の意向や判断を仰ぐが、米村チーフスカウトは「煮詰まった話はこれから」としつつも、「8割がたバッターでと思う」と外野手として期待していることを明かした。

    【最速153キロ&高校通算21本塁打の中日ドラフト5位岡林勇希が仮契約。二刀流挑戦は保留も8割で打者専念か】の続きを読む


    『岡林勇希』についてTwitterの反応



    (出典 hochi.news)



    【『岡林勇希』についてTwitterの反応】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    岡林は投手としても能力にあふれ、それを示す数値もある。今年の4月にボールの回転数を測ったところ、2500(1分当たり)を計測した。チームメートは2000回転を超えるか、超えないレベル。プロの一流でも、例えば菅野(巨人)は平均2500回転といわれる。

     「力まず、リリースの瞬間だけ100%の力を出すようにしてます。ゼロからのリリースで100にするとスピンがかかる」と岡林。中学校2年生の時に広島の前田(現ドジャース)がそのように投げている映像をスマホで見て、取り入れたという。

    【岡林、投手としても一級品の数値 ボールの回転数は巨人・菅野レベル】の続きを読む


    表 話 編 歴 中日ドラゴンズ - 2019年ドラフト指名選手 支配下選手 1位:石川昂弥 2位:橋本侑樹 3位:岡野祐一郎 4位:郡司裕也 5位:岡林勇希 6位:竹内龍臣 育成選手 1位:松田亘哲
    6キロバイト (653 語) - 2019年11月5日 (火) 16:35



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    中日からドラフト5位で指名された岡林勇希投手(17)=菰野高=が10日、三重県四日市市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸550万円で入団合意した。最速153キロの剛腕だが高校通算21本塁打の打力も兼ね備える。身体能力抜群の期待の星に、米村チーフスカウトは「現場がこれから決めることだが、8割方、バッターでと思う」と外野手として期待していることを明かした。

    【中日ドラフト5位・岡林、プロの世界では外野で勝負 スカウト「大島、平田の後継に」】の続きを読む

    このページのトップヘ